風俗営業許可の要件|風俗営業許可 熊本

@ 風俗営業の種別

風営法では、風俗営業を次の8業種に分けて規定しています(風営法2条1項)
1号〜6号営業は接待飲食等営業、7号〜8号営業は遊技場営業です。業種によって課される制限が異なります。

 

接待飲食店等営業
1号営業 キャバレーなど
キャバレーその他設備を設けて客にダンスをさせ、かつ、客の接待をして客に飲食をさせる営業

 

2号営業 バー、料理店・クラブ、パブ、スナック、料亭などの社交飲食店
待合、料理店、カフェその他設備を設けて客の接待をして客に遊興または飲食をさせる営業
(1号に該当する営業を除く)
*客にダンスをさせることはできません

 

3号営業 ディスコ、ナイトクラブなどのダンス飲食店
ナイトクラブその他設備を設けて客にダンスをさせ、かつ、客に飲食をさせる営業
(1号に該当する営業を除く)
*客の接待を行うことはできません

 

4号営業 ダンスホールなど
ダンスホールその他設備を設けて客にダンスをさせる営業
(1号・3号に該当する営業、または、政令で定めるダンス教師のダンス教室を除く)
*客の接待を行うことはできません
*客に飲食をさせることはできません

 

5号営業 低照度飲食店
喫茶店、バーその他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、国家公安委員会規則で定めるところにより計った客席における照度を10ルクス以下として営むもの
(1号から3号までに掲げる営業として営むものを除く)

 

6号営業 区画席飲食店
喫茶店、バーその他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、他から見通すことが困難であり、かつ、その広さが5平方メートル以下で有る客席を設けて営むもの

 

遊技場営業
7号営業 パチンコ店、スロット専門店、マージャン店など
パチンコ店、マージャン店その他設備を設けて客に射幸心をそそるおそれのある遊技をさせる営業

 

8号営業 ゲームセンター、ゲーム喫茶など
スロットマシン、テレビゲーム機その他の遊技設備で本来の用途以外の用途として射幸心をそそるおそれのある遊技に用いることができるもの(国家公安委員会規則で定めるものに限る)を備える店舗その他これに類する区画された施設(旅館業その他の営業の用に供し、またはこれに随伴する施設で政令で定めるものを除く)において当該遊技設備により客に遊技をさせる営業
(7号に該当する営業を除く)

   

 

A 用途地域による制限

風俗営業許可については、風営法・風営法施行条例で、用途地域指定による制限 が定められています。
この制限をクリアしていないと、許可を受けることはできません。

 

次の用途地域指定がされている地域については、風俗営業許可を受けることができません(熊本県風営法施行条例3条)

 

・第一種低層住居専用地域
・第二種低層住居専用地域
・第一種中高層住居専用地域
・第二種中高層住居専用地域
・第一種住居地域
・第二種住居地域及び準住居地域

 

風俗営業許可|熊本市 中央区東区西区北区南区

国土交通省ホームページより引用

 

熊本|ショットバー クラブ スナック キャバクラ ラウンジ

国土交通省ホームページより引用

   

 

B 保護対象施設からの距離による制限

営業所の周辺に次のような施設がある場合には、当該施設からの距離が所定の距離以上ないと、風俗営業許可を受けることができないことがあります(熊本県風営法施行条例3条、4条の2、別表第1、風営法2条1項、)

 

 学校 幼稚園 児童福祉施設 図書館 病院 診療所

 

風俗営業許可|熊本市 中央区東区西区北区南区

 

 

熊本市|ショットバー クラブ スナック キャバクラ ラウンジ

   

 

C 欠格要件

風俗営業法では、許可を受けることができない者について、基準が定められています(風営法4条)
成年被後見人や、一定の犯罪を犯しその刑の執行が終わってから5年を経過していない方などのほか、次の欠格要件に該当する方は、風俗営業の許可を受けることができません。

 

熊本|風俗営業許可

   

 

D 営業所(お店)の構造設備

お店の構造や設備が 次の基準を満たす必要があります。
営業所の構造・設備の基準は、許可申請提出後の警察による実査(調査)の対象になります。

 

風営法施行規則

風俗営業許可|熊本市 中央区東区西区北区南区
熊本|ショットバー クラブ スナック キャバクラ ラウンジ
風俗営業許可|熊本市

 

風俗営業の規制及び業務の適正化等に関する法律等の解釈運用基準(警察庁生活安全局)

熊本市|ショットバー クラブ スナック キャバクラ ラウンジ
風俗営業許可|熊本市 中央区東区西区北区南区

   
本サイトに記載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、情報が古くなっていたり、不正確な記載・誤植等により誤りが生じている可能性もあります. 情報は自己の責任においてご利用ください.
暴力団対策法・熊本県暴力団排除条例・熊本市暴力団排除条例等の法令の趣旨に基づき 暴力団関係者からのご依頼・ご相談はお受けできません.

HOME Q&A お問い合わせ 法務堂事務所

離婚|養育費